TCF ANFフランス国籍取得

TCF ANF(フランス国籍取得申請用のフランス語能力テスト)は、フランス国籍を取得する外国人を対象とする、TCF(フランス語能力テスト)を簡略化したフランス語能力試験ですCIEP(旧国際教育研究センター)によって創案され、現在はフランス国民教育省により運営されています。リヨンにあるアンフレクションのフランス語試験センターでは、フランス国籍取得申請のためのTCF ANF試験が毎年7回実施されます。

フランス国籍の取得申請をする場合、管轄の県庁が定める提出書類とあわせて、フランス語能力証明書の提示が必要となります。申請者には、聴解・読解・口頭表現・記述表現の4項目においてB1レベルを証明することが求められ、DELF B1 – B2 – DALF C1 – C2 及び TCF TP(口頭・記述試験を含む)のフランス語試験の証明書が有効となります。アンフレクションでは、フランス国籍取得申請者向けに実施される TCF ANF フランス語能力テストを推奨しており、行政機関から求められるフランス語能力を評定した証明書が発行されます。

フランス国籍取得のためのTCFの試験内容:

  • 聴解(リスニング) 約30分
  • 読解(テキストの理解) 約45分
  • 記述表現  約30分
  • 口頭表現  約10分

フランス国籍の取得申請手続きを行うためには、これら4項目においてB1レベル以上を証明することが求められます。

受験前に、必ずTCF ANF フランス語能力テストの詳細TCF ANFの手引書を読んで試験に備えることをお勧めします。

アンフレクションでは、デジタル版の TCF ANF(フランス国籍取得申請用のフランス語能力テスト)が実施され、受験者は必須項目の評定結果を受験直後の確認することができます。試験の約1ヶ月後にレベル評定結果が記載された証明書が発行されます。有効期間は2年間です。

TCF ANF(フランス国籍取得申請用) – 受験日程・受験料・申込み手続き

TCF受験に備えたフランス語レッスンをご希望の方は、アンフレクションのフランス語講座をお勧めします。

リヨンのフランス語レッスンに関する詳細は、お気軽にお問い合わせください。